動かない車の処分に必要な書類手続き

車の処分と言っても必要な書類は様々です

一言で車を処分すると言っても、具体的な処分方法によって、必要となる書類はさまざまです。まず、これまでに乗っていたものを永久的に処分する場合、いわゆる廃車という処分方法を選択した場合です。

 

この場合には、自分で手続きをするのか、あるいは専門の業者に依頼をするのかによっても書類の内容が異なります。自分で永久抹消の手続きをする場合には、所有者の印鑑証明書類、車検証、前後2枚のナンバープレート、そして永久抹消登録の申請書と解体届出書、手数料納付書を用意しなければなりません。

 

さらには自動車税や自動車取得税の申告書も、地域によっては必要となります。

 

業者に手続きを依頼する場合は、所有者の印鑑証明書類と車検証、ナンバープレートに加えて、代理人への委任状を用意しておきましょう。

 

永久に廃車にするのではなく、一時的に登録を抹消する、一時抹消登録の処分方法を選択した場合にも、自分で手続きを行うのか、業者などの代理人に依頼するのかで、必要な書類が異なります。

 

自分で手続きを行う場合、所有者の印鑑証明書類と車検証、前後2枚のナンバープレート、一時抹消登録申請書と手数料納付書などwo。こちらについても、自動車税や自動車取得税申告書の提出が義務付けられている地域があります。

 

業者などの代理人が手続きを行う場合には、印鑑証明書類と車検証、ナンバープレートに委任状を加えてください。

 

こちらについても、永久抹消登録の手続きとほぼ同様と捉えていいでしょう。

 

解体届出を自分で行うことにした場合には、登録識別情報等通知書と永久抹消登録申請書あるいは解体届出書、手数料納付書に加えて、リサイクル券に表記のある移動報告番号と解体報告記録がなされた日についてのメモ書きも添えておきます。

 

業者などの代理人に依頼する場合には、委任状を添えて上記書類を用意しておきましょう。

 

このように、処分方法に応じて、手続きに必要とされる書類には違いがあります。

 

自分で行うのか、あるいは業者などの代理人に手続きを依頼するのかによっても、追加で用意しなければならない書類が増えてきます。

 

万が一必要な書類を紛失してしまった場合には、必ず再交付をしてもらわなければなりませんが、再取得するまでには時間がかかりますので、事前に必要な書類がそろっているか、きちんと確認をしておくことが大切です。

 

また、代理人として業者に依頼をする場合には、別途費用が必要となりますので、コスト面においても準備をしておくといいでしょう。