動かない車の処分に関する手続き

 

これから動かない車を処分しようと考えている方がいるのでしたら、まずはどのような処分方法にするのかを決めるようにしましょう。

 

具体的には、新しく購入するにあたっての処分であれば、下取りに出すという方法がありますし、購入の予定がない場合でも中古業者に買い取ってもらうことができます。

 

もし事故車や水没車などによって自走できない動かない車の場合の処分でしたら、スクラップにするための手続きをする処分方法もありますし、最近人気となっている廃車専門業者に買い取ってもらうという処分方法もあります。

 

このように、自身の希望に見合った処分方法を選ぶことで、無駄な手続きを省くことができます。

 

 

動かない車の処分手続きをすべて自分で実施するには

 

自分で動かない車の処分手続きを行うのであれば、動かない車の処分の手続きを行う為の手順についても知っておいた方がいいでしょう。
スクラップにするのであれば、まずは解体業者に依頼をして解体作業を行い、その結果をもって所轄の陸運支局におもむいて廃車手続きを行います。

 

自分で動かない車の処分を手続きする場合には、解体業者とのコミュニケーションを行う必要がありますし、陸運局において手続きを行うために各種書類を用意しておく必要があり何かと時間がかかります。

 

さらに細かなことをお伝えすると、動かない車の種類によっても手続きの方法は異なり、軽自動車の場合は陸運局ではなく、軽自動車検査協会におもむいて手続きを行うことになります。

 

動かない車を処分する為の解体作業が終了したなら、陸運局や軽自動車検査協会において、前後のナンバープレートを窓口に返却します。
次に、それぞれの会場に用意されている抹消登録申請書と手数料納付書に、必要事項を記入します。

 

手続きが完了したなら、続いて同じ敷地内に併設されている自動車税の事務所で登録の抹消を申告してください。
申告のための用紙が用意されていますので、その場で記入し、窓口に提出して基本的な動かない車を処分する為の手続きが終了します。

 

その後税金の還付金がある場合は還付金手続きも改めて必要になります。

 

動かない車の処分の方法のおすすめは廃車買取業者

 

もっと楽をして動かない車の処分をしたいと思われる方が多いと思います。
動かない車の処分方法に関しては、精通している廃車買取専門業者に手続きを依頼するのがいいでしょう。

 

動かない車の処分手続きにあたってお金は一銭も支払う必要ははありませんし、車の引き取りから解体作業、陸運支局や軽自動車検査協会などでの書面による手続きなどをすべてお任せすることができますので、なによりも時間もお金も余裕のない方にとってはうれしいサービスです。

 

最近では行政書士だけでなく、廃車専門業者でも同様のサービスを提供していますので、複数の業者から見積もりを取ることができる状況にもなっています。
必要に応じてこういったサービスを利用してもいいでしょう。